和菓子販売 芝神明 栄太楼 - 江の嶋最中(もなか)葵玉梓など、東京は芝大神宮のふもとで育った和菓子をお楽しみ下さい - お土産にもぜひどうぞ
芝栄太楼 和菓子、最中、羊羹などのお土産を取り揃え
和菓子販売 最中 羊羹の芝栄太楼 トップページ
和菓子販売 最中 羊羹の芝栄太楼 ご挨拶
和菓子販売 最中 羊羹の芝栄太楼 お品書
和菓子販売 最中 羊羹の芝栄太楼 季節の和菓子
和菓子販売 最中 羊羹の芝栄太楼 和菓子の四方山話
和菓子販売 最中 羊羹の芝栄太楼 お問合せ
芝栄太楼 和菓子最新情報
 
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
送料一覧表



和菓子ひとすじ 芝神明 栄太楼のご紹介


 弊社は明治十八年創業で、東京にて和菓子全般の製造・販売をしております。 栄太楼総本鋪からのれん分けの支店でございます。
 
 浜松町・大門エリアは今ではオフィス街となりましたが、芝といえば、徳川家の六将軍が埋葬されている増上寺、また俳句の季語にもなっております 「だらだら祭り」を祭礼とする芝大神宮が有名ですが、どちらにも御供物、御神供等の御菓子を納めさせて頂いております。
 
 芝という土地柄は文化人が多く住んでおりました所で、私共の代表銘菓「江の嶋」の名付け親でもある尾崎紅葉もその一人でございます。芝の地に創業以来百十余年、これからも心を大事にした和菓子をめざして日々努力してまいります。
 
※店の前にある看板の字は、先代と親交の深かった故・岡本太郎氏によるものです
 
 
当代 店主 内田吉彦
 
 
■ 当店を代表する和菓子 - 『江の嶋最中』
「神明前栄太楼の菓子包装の題 を求む、『江の嶋』の三字を書し与えふ」
(紅葉日記 明治35年2月23日より)
 
文豪尾崎紅葉が好み名付けた最中です。名の由来は同名の琴唄からで、文字も紅葉直筆のものです。掛け紙の図柄は、当時紅葉と親交のあった「金色夜叉」で挿絵を描いた武内桂舟によるものです。
 
貝殻をかたちどった5つの最中種に5種類の餡入り。皮と餡の相性も絶妙なひとくちサイズの最中です。
 
■ご注文はこちら
江の嶋最中 和菓子 最中 羊羹など お土産を取り揃え



トップページ | ご挨拶 | お品書き | 季節和菓子 | 四方山話 | お問合せ


Copyright(c) SHIBA-EITARO All Rights Reserved.
〒105-0012 東京都港区芝大門1-4-14 TEL:03-3431-2211 FAX:03-3431-2212
全国和菓子協会加盟店 - 芝栄太楼 - info@shiba-eitaro.com