和菓子販売 芝榮太樓 - 和菓子作りに欠かせない小豆(あずき・あづき)の選択が、お菓子作りの基本です - 御土産にもぜひどうぞ
芝栄太楼 和菓子、最中、羊羹などのお土産を取り揃え
和菓子販売 最中 羊羹の芝栄太楼 トップページ
和菓子販売 最中 羊羹の芝栄太楼 ご挨拶
和菓子販売 最中 羊羹の芝栄太楼 お品書
和菓子販売 最中 羊羹の芝栄太楼 季節の和菓子
和菓子販売 最中 羊羹の芝栄太楼 和菓子の四方山話
和菓子販売 最中 羊羹の芝栄太楼 お問合せ
芝栄太楼 和菓子最新情報
 
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
送料一覧表
和菓子に欠かせない小豆 あずき あづき


和菓子に欠かせない小豆は漢語で「あずき」「あづき」と書き平安時代の漢字では 「赤小豆」(阿加阿都岐)“あかあづき”と表記されている。
あずきの名の由来は、江戸時代の学者「貝原益軒」によれば「あ」は(赤色)、「つき」「ずき」は溶けるの意味があり、赤くて早く軟らかくなるので「あずき」になったとされている。
 
他には「崖崩れ」「崩れやすい所」を「あず」「あづ」といい煮くずれしやすい豆から名付けられた「赤粒木」(あかつぶき)が転じてあずきとなったとする説もある。
 
小豆 あずき あづき原産地は東アジアと考えられていたが、最近、祖先野生種と考えられている「ヤブツルアズキ」が日本、朝鮮半島、中国からヒマラヤにいたるまで分布している
ことが判明して栽培化が起こった地域の再検討が必要になった。

日本の主産地は北海道で、国内生産量の8割を占めている。輸入物は主として中国からの「天津小豆」「東北小豆」等がある。
 
日本では縄文時代から古墳時代前期までの遺跡からあずきの炭化種子が発見されており、奈良時代初期の「古事記」に初めて名前が登場する。あずきは古来から人々の生活と密接に結びついた豆で、わが国や中国、朝鮮ではあずきの赤色に魔除けなどの神秘的な力があると信じられ、行事や儀式などに供されてきた。
これらの習慣は中国に始まり、朝鮮半島を経てわが国に伝えられたとされている。
 
また、薬用としても使われたようで、中国「明」の時代「本草網目」の中にあずきの効能や処方が記されている。あずきの中で特に大粒で煮ても腹切れしにくい品種群を「大納言」と呼び普通あずきとは別扱いされている。
 
あずきの品種には「エリモショウズ」「きたのおとめ」「サホロショウズ」があるが作付け面積は「エリモショウズ」が約7割を占めている。小豆は和菓子の原料として無くてはならない一つである。
 
参考文献「豆類百科」日本豆類基金協会発行


  
  
トップページ | ご挨拶 | お品書き | 季節和菓子 | 四方山話 | お問合せ

  

Copyright(c) SHIBA-EITARO All Rights Reserved.
〒105-0012 東京都港区芝大門1-4-14 TEL:03-3431-2211 FAX:03-3431-2212
全国和菓子協会加盟店 - 芝榮太樓 - info@shiba-eitaro.com